民事信託(家族信託)

高齢の親がいて財産管理に不安を感じている、 今後の財産管理・不動産管理を他の家族に任せていきたいと考えている、 大きな自宅に親が一人で住んでいて、将来は施設に入居する予定でいる、 将来不動産を動かす可能性があるが、所有者が高齢である、 遺言書を書きたがらない親がいる、 障がいを持つ子がいて、将来の財産管理を心配している、などの方に家族信託はおすすめです。

家族信託で出来ること

・認知症、病気、障がい者の不動産所有者判断能力低下など場合でも、資産を移転せずに、 不動産売却、活用、相続対策を可能にします
・委任契約・成年後見制度・遺言まで、まとめて生前(元気→認知)から 相続発生後の財産管理を一貫して1つの信託契約で実現する事が可能になります
・2次相続以降の財産の承継先を指定することができます

家族信託設計参考料金

信託財産の評価額(固定資産評価額) 報酬額(税別)
3,000万円未満 20万円
3,000万円以上、1億円未満 20万円に1,000万円ごとに6万円加算
1億円以上、10億円未満 1億円ごとに15万円加算
10億円以上 200万円+個別設定
※一般社団法人家族信託普及協会参考料金
※上記は信託設計の料金のみとなり、相続対策調査が必要な場合は別途費用が必要になります。 80,000円+10,000円×不動産数(土地:筆数 建物:戸数)(税別)
※上記に信託契約公正証書を作成するための公証役場の手数料、 不動産登記の登録免許税、司法書士による登記手続き報酬等は含まれていません。

不動産コンサルティング

コンサルタント Facebookページ